ほっと
Time

「神無月、神在月」

 

 

 

 10月は「神無月」と言われ、年に一度日本中の八百万(やおよろず)の神様が、出雲の国(島根県)に集まり会議をすると言われています。ですから日本各地は神様が不在で「神無」です。逆に出雲では神様が集まり「神在月」と言われます。では、神様たちは会議で何を議題に話し合うのでしょう?それは、人の運命や縁(誰と誰を結婚させようか)などを話し合うのです。遠く離れた者同士が出会うのも、この会議の結果なのかも知れません。また、来年の天候や農作物の出来も話し合われます。出雲大社は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が祭られています。天照大神(あまてらすおおかみ)が天を象徴する神様、対して大地を象徴する神様です。大国主大神はたくさん子どもがiいて、全国各地を任せています。その子どもたちが年に一度出雲大社に戻り、会議をするのです。やがて他の神様も一緒に集まるようになったそうです。

 
 
 
 
 
       

もくじ