ほっと
Time

「くず餅」

 

上=関西のくず餅  下=関東の葛餅

 

 夏が近づいてくると冷たい触感のお菓子やデザートがいただきたくなりますね。「桜餅」や「粽、柏餅」の関東、関西の違いシリーズの続きで今回は「くず餅」のお話をしましょう。
 「くず餅」と言えば、黒蜜ときな粉をかけた甘さがうれしい食べ物ですが、関東と関西ではこの触感が違います。
 関西では「吉野葛」でも有名ですが「葛」の根を何日も日陰干しにして葛粉を造ります。これに砂糖と水を混ぜて火にかけ、よく練っていくと透明になり、とろみがついて「くず餅」になります。
 関東の「くず餅」は小麦を乳酸菌で発効させたでんぷんで作ります。発効すると独特な匂いや酸味が出るので何度も水洗いを繰り返していきます。そしてこの「小麦でんぷん」に湯を加え、蒸して「くず餅」が出来上がります。東京の東部に葛飾がありますが、昔から良質な小麦の産地でした。この地の名前「葛」一字をとって「くず餅」としたようです。
 どちらも手間暇をかけて美味しく作り上げていますよね。
 

 
 
 
 
 
       

もくじ