ほっと
Time

「愛鳥週間」

 

 5月は青空に樹々の新緑や花々で生き生きとした季節ですね。鳥達のさえずりも美しく響きます。今の時期は「うぐいす」の鳴き声が特徴的ですばらしいですね。5月10日から愛鳥週間が始まります。野鳥を大切に、守ろう!という考えを広める一週間です。みなさんはどんな野鳥を知っていますか?ワシ、タカ、トンビ、白鳥など大きな鳥やツバメ、ヒバリ、すずめのような小さな鳥。渡り鳥もいれば、いつも見かけるカラスやすずめは人間の生活の身近にいつも居るようです。でも意外と身近にいてもよくわからないことも多いんじゃないですか?
 いちばん身近にいる「すずめ」は人間に近いところに居ながらとても警戒心が強くて5メートル以内には近づきません。卵を生んで育てる巣と雑木のネグラを分けています。午前中に穀物や木の実、虫などを食べて、水浴びも砂浴びもします。でも寿命は2〜3年と短いそうです。
 忘れがちな野生の鳥を調べてみると面白いと思います。

 
 
 
 
 
       

もくじ