ほっと
Time

十二支1番の「ねずみ年」

 

 

 明けましておめでとうございます。今年は子年(ねずみ年)、十二支の最初です。なぜねずみが1番なのでしょう?
 昔、神様が動物たちに言いました。「元日の朝、私の家に早く来た者の12番までは、順番に年の大将にしましょう。」と、足の遅い牛は誰より早く夜明け前に出発することにしました。それを牛舎で見つけたネズミはすっと牛の背中に乗りました。牛はそのかいあって朝が来る前に神様の家の門に着きました。そして朝になって門が開いたとたんにネズミは牛から飛び降りて1番になってしまいました。残念ながら牛は2番となり、その後、トラ、ウサギ、タツ、ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、イヌ、イノシシ、の順番で到着しました。ちなみに神様の話をききそびれたネコは、ネズミに1日遅い日と教えられていたために来ませんでした。それ以来ネコはネズミを追いまわすそうです。
 とにかく今年は、東京オリンピック、パラリンピックが開催されるのが楽しみですね。
  

 
 
 
 
 
       

もくじ